LIVING DESIGN CENTER OZONE

OZONE クラフトマーケット

五十嵐 則子
6F 2期 B5 つくり手の部 陶磁器
123_mian
  • 2期

  • 6F

  • B5

コーディネートしやすく飽きのこない優しい色合いの器や、さっと料理を盛り付けるだけで色味を添える青緑の器、胡麻を擦ってそのまま食卓に出せる器など、忙しい日常に寄り添うユニークで温かみのある陶の食器を提案。
自身は高校の授業で陶芸と出会い、会社員を経て、現在は木更津市のアトリエで制作している。

  • 陶磁器

器は使ってこその物。使うほどしっとりとした姿に育ちます。
ですから、何度も食卓に出してもらえるよう「こんな風に使ってみようかな、これを盛りつけてみようかな」という使い手のアソビゴコロをくすぐるような器にしたいと思っています。

http://www.urucu.net/ 

2017-02-21 |Posted in 2期, つくり手・素材の部